中国で眼鏡を作る!前編:フレーム編

ど近眼のMIUは、普段コンタクトですが、眼鏡は生活の必需品です。

眼鏡人生24年!という輝かしい数字をかかえる私は、この度、愛用の眼鏡を日本の自宅と、ロンドンの彼氏の家に忘れるという芸当をやってのけ、眼鏡なしの生活をかれこれ2週間しています・・・・・。

いやー、無理。

眼鏡がないと、階段も下りれないくらいの視力の悪さが、

生活に影響をきたしすぎ・・・・・。

レーザー手術を将来夢見てますが、とりあえず、広州で、眼鏡を作る事にしました。

日本はやっぱりお洒落眼鏡(フレームね)が多いけど、お値段かわいくない・・・・・。
中国は、香港のファッションの影響が、あり、意外といろいろ種類はあるんですね、ぴんからきりまで・・・
ちなみに、Ray Banのパチモノはどこでも売ってます!

好きなブランドは

Cutler and Gross

画像

From SS2010 Collection Campain
http://www.cutlerandgross.com/

あと、青山にできた、
”福井県・鯖江市の眼鏡メーカー15社のフレームを一堂に扱うアンテナショップ”
http://gg291.com/
GLASS GALLERY291も行ってみたい!福井は有名だもんねー、眼鏡。しかもMIU家の3つある田舎のひとつ!VIVA福井!!

今回セレクトしたフレームは、以前Londonのセールで購入した、勝手につけたその名も
”Securatery Flame"By ALESSANDRO DELL'ACQUAです。

画像


そう、秘書系の、金フチで大人チックなフレームです。
彼氏いわく、Sexy系(これが??)

画像


画像


耳のフックのところが、外側は白、内側はソフトピンクと、こだわったDetailと、形が気に入って購入。

フレームがフレームなだけに、値段がはってもちゃんとしたところに行ったほうが、確実だろうと思い、
ネットで、みつけた

广州东方眼镜
http://www.dfyj.com.cn/

に週末行ってきまーす。では、後編に続く

MIU

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック